東南アジアで働く人にとって大事なもの

私のように東南アジアの国を行き来しながら働いていると、iPhoneというのは結構不便なものです。
なぜならiPhoneはSIMカードが1枚しか入らないからです。(海外で売られているスマートフォンは2つのSIMカードが入るデュアルスマホが主流です)しかし、最近、あることを知ったおかげでiPhoneを買おうと検討しています。
それは、インターナショナル ローミング シムです。
何かと言うと1枚のシムカードで世界中の国や地域で使うことが出来る大変便利なカードです。
カードによっては通話のみ、データ通信のみと分かれていたり、プリペイドやポストペイドと言ったようにも分かれてたりと、使う人の用途に合わせてそれぞれ対応されている非常に便利なものです。
通信費は500MB20$や30$といったように、正直安くはないのですが、1枚のシムカードで世界各国で使えるというのは、国と国を移動する人間からすると非常に便利です。ましてや日本出張時にも使えますから。
ちなみに日本での利用も出来ますから、出張期間が短い場合は大変重宝するかと思います。

ただ調べているとタイとベトナム、マレーシア、シンガポールとアセアン地域を網羅しているのかと思うと、肝心のカンボジアが抜けており、少し残念に思っている今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です